取引はタオバオ代行サービスを活用|外国語がわからなくてもOK

男性

流通と物流には違いがある

男性

物流加工とは、物流の中で様々な工程の作業を行い、それによって付加価値を加えることです。例えば、商品の制作やパッケージ詰め、ラベルの貼り付けやチラシの封入などを流通の中で順序に行い、お客様に届けるまでの加工のことをいいます。自動車などは物流加工が利用されていて、パーツ別に作製、保管、輸送などをし、お客様が購入する際に小売店や販売店が組み立てて渡しています。物流加工は運送会社や卸問屋などが代行することが多いです。物流加工のメリットは、コストの大幅な削減ができることです。他にもメリットはあります。受注範囲の拡大や営業の拡大にも繋がります。人件費も抑えることができます。

車に限らず、最近ではアパレル業界でも物流加工は多くみられます。服を工場で作ったあと、タグ付け、検品、梱包などを全て別で行い、流通過程で一つの商品を作りあげるのです。それにより様々な機械を手に入れることなく、一つの商品の作製から袋詰まで行えます。保管する場所も違うので、スペースの確保にも繋がります。流通と物流は似ていますが、違いがあります。流通とは、生産から消費までの一貫した流れを全て行い、生産したものを消費者に届ける流れのことをいいます。物流はその中の商品などのものを指定の場所へ指定された分だけを移動させることです。簡単に説明すると、物流は出荷や配送を主にしたものです。流通の中の、管理に特化した作業のことを物流といいます。物流加工をすることによって消費者のニーズに合わせた商品が作られ、コストの削減につながります。